シャープ提携報道の真相

シャープ提携報道の真相について、週刊現代が報じている。片山幹雄会長(前社長)の暴走と報じられており、これまでの提携報道に、疑念が生じそうだ。


インテル提携は、片山会長(前社長)のリーク

「週刊現代」2012年11月3日号は以下のように報じている。
 しかし、シャープの場合、「戦犯」でありながら片山氏が「俺が俺が」でしゃしゃり出てくる。9月半ば過ぎ、「シャープと米インテルが資本提携」(毎日新聞)という突拍子もないニュースが流れたが、シャープは完全に否定した。シャープの事情通がこの経緯を、「これは片山さんの完全なスタンドプレーから出た話。鴻海に揺さぶりをかける意味もあるのでしょうが、逆に機嫌を損ねかねません。ニュースが流れた後、社内はそんなことを画策する時間と金があるのだったら、早く液晶事業の抜本的な再建策をまとめろといった雰囲気でした」と指摘する。
シャープの提携報道は、片山会長の駆け引きの一つだったようだ。この報道一つとっても、片山会長が依然として、力を持っていることが分かる。こうなると、他の提携交渉報道にも疑念が湧く。

提携交渉報道

週刊現代が、片山会長の「スタンドプレー」報じたのは、9月半ば過ぎとなっている。しかし、シャープ倒産回避の提携交渉が行われていると、その後も報道が駆け巡っている。

管理人は、シャープ倒産回避の提携報道が怪しいとしたが、このときにCDSの値は大きく改善している。中間決算赤字(半年で4000億円)で株価が低迷しているときに、出資は困難である。シャープは、倒産扱いでCDS暴騰が続いていたが、この怪しい提携報道が事実上、止めた形だ。

マスメディアと広告

シャープ株報道の注意点は 東電を超えるマスコミ買収が行われている事だ。買収と言うと、言い方は汚いが、亀山モデルの吉永さゆり氏のCMを始め、多額の広告費を費やしている。その恩恵は、十分にあったことは、上記の広告費の推移から容易に想像がつく。

シャープ銀行支援、りそなが言及したとの報道が駆け巡ったが、これも同様。りそなHDの社長の言葉を見る限り、すぐに融資が決まるとは思えない。

シャープ提携報道の真相は、片山会長の「スタンドプレー」と報じられた。経営危機の中、経営陣が一枚岩でなければ、再建もおぼつかないのでは、ないだろうか。シャープ ホンハイと提携交渉失敗が報じられており、経営の迷走が続いているようだ。

関連記事・:


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。